トップページ

    このサイトではBMWの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「BMWの買取相場を調べて高く買い取ってくれる買取店に売却したい」と感じている場合はこのサイトに掲載しているオススメの車買取業者でリサーチしてみてください。

    ドイツ車のBMWを高く査定してもらうために大事なことは「何社かの車買取業者に査定をしてもらう」ということです。1つの買取店のみとか近くのBMWディーラーで下取りということを考えている場合は確実に損をするので考え直してください。

    中古車の一括査定ならサクッと入力完了するので隙間時間でできます。複数の車買取業者からの査定額を比べられるので、BMW(Bayerische Motoren Werke AG)の買取価格の相場をサッと調べられます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、株式会社リクルートマーケティングパートナーズが運営する中古車見積もりの為の一括査定サービス。中古車を売るならカーセンサーと言うくらい知名度抜群なので安心感も抜群です。
    提携業者も1000社以上と圧倒的ナンバー1!最大50社にBMWの買取査定の依頼をすることができます。

    中古車の一括サービスは利用すると多数の車買取会社から電話があることが多いのですが、カーセンサーの場合はメール連絡をお願いすれば電話連絡はありません。
    もちろん、地方対応で利用料は無料です。

    「BMWを高く売りたいから買取相場を調べたいけど、電話営業が苦手…」という場合はメールのやりとりで査定額を教えてくれるカーセンサーがオススメです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、申し込みと同時に今あなたが乗っているBMWの買取相場が表示されるうえに、個人情報が送信されないので、電話が入るのはユーカーパックからの1本だけという今までにない新しいサービス。

    約2000社の車買取業者がオークション方式で入札金額を提示するので、輸入車のBMWを高額買取してくれる車買取業者が見つかります。

    今までの車買取一括サイトなら、申し込みをすると多くの業者から電話が入るのが共通の流れだったのですが、ユーカーパックを使った場合は電話連絡は1社からのみ!電話対応に時間を取られることもないですし、しつこいセールスを受けることもありません。
    BMWの実車査定も自宅や提携ガソリンスタンドで1回だけ。

    査定も電話も1度きりで最大2000社の買取業者がオークション形式で買取価格を提示してくれる徹底的にユーザー向けのサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国利用者数ナンバー1の車査定一括サービスです。1分もかからずに入力が終わりますし、申し込みと同時に中古車の相場が分かるので、「数年落ちのBMWの買取相場ってネットで分かるの?」という場合はおすすめです。

    申し込みをした後はいくつかの会社から電話がかかってきますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通っている優良企業のみと提携しているので、強引な営業をされることはありません。
    車買取業者から電話連絡があった際には1社で決めてしまうことはせずに、いくつかの会社に査定してもらうことで数年間乗ったBMWでも高く買い取ってもらうことができます。

    最大10業者がBMWの見積もり査定をしてくれるため、一番高い金額を提示してくれた会社にあなたが大切に乗ってきたBMWを売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、45秒の入力後すぐにネット上で中古車の買取相場が分かる有名な車買取一括サービス。
    提携企業は約200社以上、最大で10業者がBMWの査定額を出してくれます。

    できるだけ多くの会社に査定してもらうことで買取金額の違いや相性を比較することができるので、複数の買取業者に依頼をして長年愛用したBMWを1円でも高く売りましょう。

    累計利用者数100万人以上の安心実績がありますし、サポート体制も充実していますので安心感があっておすすめできます。






    外車王

     外車王は、そのサービス名でわかるように輸入車や外車に特化した中古車の買取業者。
    輸入車・外車を専門にして既に創業から15年以上、年間の輸入車取扱台数は外車のみで1500台。全国対応で出張査定費用は無料です。

    外車王は輸入車・外車専門の中古車買取の専門店なので、ドイツ車のBMWを売るなら他の買取業者より高く売却できる可能性があります。
    そういったこともあるので、ドイツ車のBMWであればとりあえずランキング上位の車買取一括査定サービスを使って概算査定額をリサーチしてみてください。

    いろいろな買取店に査定額を出してもらった後で、最終的に外車王に実車査定してもらうのがおすすめです。買取相場よりも高い買取価格を提示してくれた時にはあなたが大切に乗ってきたBMWを売りましょう。







    売却予定の中古車の査定額を決める場合に、査定金額に大きく影響するのが走行距離です。

    基本的に走行距離がアップすればするほど査定金額は低下していくのです。

    5万kmを越えた車は多走行車と言われていて、中古車の見積額をマイナスにする要因となり始めることがあるのです。

    総走行距離が10万kmより多い車は走行距離オーバーの「過走行車」という扱いになって、ものによっては査定額が付かないことも出てきます。

    車の買取業者にはそれぞれ特色があり、軽自動車を専門的に扱ったり、輸入車や事故車を扱うなど、特定ジャンルの車の販売を得意としていたり、もしくは専門で販売している会社というものがあります。

    一例を挙げると、売りたい車が軽自動車なら、当然かもしれませんが、軽自動車の販売を得意とする会社に買い取ってもらった方が多分買取額が高くなるはずです。

    そのような会社は中古車の一括査定サイトを使ったときに、一般の買取会社よりも幾らか高値で取り引きしようとしてきますから、なんとなく分かります。

    プロのスキルを持った中古車査定士には単純な嘘はすぐにバレるので止めましょう。

    実際には事故を起こしたり修理をしたことがあるのに、これらが理由で低い見積もりを出されたくなくて「ないです」と嘘をついても確認すれば瞬時に判明しますし、いい加減なことを言ったことでお店側の人間に信頼されなくなっても当然なのです。

    その結果として、通常よりも低めの査定額を付けられてしまう可能性も存分に考えられるので、修理歴などについても包み隠さずにはっきりと申告しましょう。

    一般的に年度末で決算でもある3月や賞与支給後の9月というのは酷暑も一段落した時期で、自動車の販売は好調です。

    業者の意図としてはできるだけこの時期に商品を仕入れて捌きたいです。

    つまり多少高くても仕入れる(買い取る)覚悟があるわけです。

    今すぐ車を売却しなければいけないというのでなければ、このチャンスを逃す手はありません。

    逆に決算終了後の4月には査定額がどうしても下がり気味になるのでお勧めしかねます。

    個人使用の乗用車の場合、走行距離は一年あたり約10000キロと見積もるのが一般的です。

    そしてその5倍の5万キロという総走行距離の車は業界では多走行車と呼ばれ、当然ながら距離なりに査定ではマイナスポイントがついていき、これが10万キロともなれば過走行車扱いで値段がつかないこともあります。

    それなら走行距離が短いほどよいのかというと、そうとは言えません。

    マシンの状態を正常に保つにはある程度の駆動が必要で、年式に比して走行距離が極めて少なかったりすると、稼働パーツが劣化していても気づかない可能性も高く、引き取り拒否ともとれる見積り額を提示されることもあります。

    車の走行距離にも目安があり、走行距離数の多い車は買取り業者による査定の際は、走った分だけ減点評価されるのが普通です。

    共通認識として多走行車は5万km以上走った車で、減点対象で安くなってしまいますが、極端なところでは10万キロ以上走った車は過走行車と言われ、一般の業者は敬遠するためタダ同然の査定額になってしまいます。

    ただ、車が全く売れないというわけではなく、まだ道は残されています。

    中古車買取店の中には過走行車をメインに扱う業者というのもありますので、そこに査定を頼むと使用可能な部位ごとに価格を算出していき、買い取ってくれます。

    自賠責保険という言葉を知っている人は多いでしょう。

    これは自動車を持っている人なら加入が義務づけられているのですが、条件が整えば車を手放す際にお金が戻ってくることがあります。

    気になる条件とは、そのまま廃車にする場合で、そのとき自賠責保険の残りがひと月以上余っているケースです。

    廃車にせずに車を売却するときは還付されないのです。

    さらに、還付金がある場合でも手続きなしに入金されるという事はないのです。

    保険会社に対して自分自身で手続きをしてはじめて還付されます。

    たとえ全く乗っていなかったとしても持っているだけで維持費がかかるのが自動車です。

    自宅周囲に現実的に利用可能な交通機関が発達している等で、車がないことで相当の不便がなければ売却することでかなりの節約になること請け合いです。

    自動車を維持するための費用の内訳を見てみると、毎年負担をしなければいけない自動車税や保険料、二年に一度支払う車検代、自分の家に駐車スペースがなければ駐車場の料金も維持費として挙げられます。

    これらの合計を出すと、1年間で何十万円もかかっているケースもありますから馬鹿にならないのです。

    インターネットで良く見かける無料中古車一括査定サイトを使うと、おおまかな査定金額の相場がすぐに判明します。

    「実査定」のときに自分で価格交渉をするならば予備知識としては大変有効です。

    それとは逆に、売ることは考えていないけれども相場だけ知りたい場合に活用することは勧められません。

    インターネットで一括査定サイトを利用すると、直後から売却を勧める電話が一気にたくさんかかってくるからです。

    実際に売却する予定がなかったのならば、たくさんかかってくる営業電話は全くのストレス源にしかなりません。